成功の秘訣コラム

寝る前のスマートフォンは要注意 ーダイエットと呼吸の関係

投稿者:只野拓也(日本自然派美人協会)

寝る前にPCやスマートフォンを眺めている方は、要注意です!


まず不眠についてですが、 寝る前にPCやスマートフォンを眺めている方は、要注意です! 「ブルーライト」が、脳を活性化してしまいます。

眠れなくなるばかりか その状態で寝てしまうと、眠りが浅い状態になってしまいます。

早朝覚醒(睡眠時間が短く早朝に目が覚めてしまう)や、「食いしばり」の原因の1つです。 食いしばりは、近年非常に多い症状で、歯科医に歯のプロテクターを進められたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

食いしばりが続くと、首の筋肉が疲労してしまい、 顎が前に出て来て、肩凝りはもちろん、呼吸が、浅くなってきます。

そして、このような、ストレス状態が続くと、 副腎も疲労してしまいます。 ストレスをやっつけるホルモンを出し続けるからです。

浅くなった呼吸は、体の中に十分な酸素量を回すことができませんから、 ダイエットがうまくすすまないのはもちろんのこと、肌も、心も、劣化していきます。

ちなみに、 ひどい状況の人では、通常の呼吸量の5%程度が減少するという、データがあります。

一回の呼吸量は、500ミリリットルのペットボトルと同等と言われていて5%をロスした場合、1日にその量を換算すると、ペットボトル1200本程度です。

1日1200本程度の呼吸が入って来なければ、 聞いただけでも、肩凝り・腰痛はもちろん 慢性の痛みが発症したり、精神も不安定で、イライラしそうですよね。

呼吸って、本当に、大事ですよね。 この内容についても、トレーナープログラムで、詳しくお話しています。

ご興味のある方は、説明会や個別カウンセリングのご予約をどうぞ。

<広告>

<広告>

最新情報・詳細はこちら

あなたも指導者になりませんか?

めちゃモテシリーズ商品

取扱代理店様募集中

PAGE TOP